CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
blogranking
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
NET古本屋「浩仁堂」の障害者雇用への挑戦!!
メルマガ3号
0
    浩仁堂メルマガ第3号  2008年1月27日
     
    早いものです。2008年も1ヶ月が過ぎてしまいました。
    年末年始は本の出品作業に明け暮れました。詳細は以下の記事に書きますが
    次の段階への幕開けを予感させる、嬉しい忙しさでした。
    この半年ぐらい部屋の掃除そっちのけで本に集中していたので、

    部屋がすごいことになりました。妻曰く「独身男の部屋のにおい」(!?)が立ちこめているそうです。日曜に4時間ぐらいかけて片づけましたが、
    変化が感じられません。どんな部屋でしょう。
     
    浩仁堂メルマガ第3号をお送りします。
    ご迷惑な方はアドレスを削除しますので、遠慮なくおっしゃって
    くださいますようお願いいたします。

    ━☆━「浩仁堂」インキュベーター━☆   2008.1.27号
    ┏━┓
    ┃1┃福祉施設との連携 その2
    ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      前回、小金井市の福祉作業所に本のクリーニングのお仕事を
    していることをご案内しました。今回は練馬区の福祉施設との
    連携についてお話しします。
     
    昨年、7月に「浩仁堂」の事業構想を周囲の方にお知らせした際、
    自分の施設で古本集めをやってみると宣言してくれたのが練馬区
    福祉施設の女性職員Nさんでした。Nさんと私は社会福祉士の
    スクーリングで知り合いました。民間の小規模な福祉施設でも
    新しい作業をはじめるのはかなり大変です。それを区立の重度
    障害者施設で多くの職員の協力を取り付けるのは並大抵のこと
    ではないはずです。彼女は半年かけて、施設長や主な職員に
    古本集めの話を根回ししました。

     そして昨年末に、ビラや回覧板で
    地域の方に呼びかけて、あっという間に300冊あまりの本を集めて
    くれました。年末と言うこともあり、それから1週間もたたない内に
    また300冊ほどの本が集まりました。1回目の代金を8000円お支払い
    したところ、施設長さんが「うそみたい」と喜んでいらっしゃいました。
    こんなになるとは思っていらっしゃらなかったようです。「利用者さんの
    お給料になるだけでなく、地域の方に施設を知ってもらう良い機会に
    なりました。」という職員さんの言葉もいただきました。
     2回目の買い取り代金も良本が多く、12000円になりました。
     

     皆が笑顔で喜べる事業、それが「浩仁堂」の目標ですが、規模は
    小さいですが、それが既に始まって、こんな喜ばしいことはありません。
      私としては、このような形で古本集めをしてもらえる施設を当面5つは
    確保したいと思っています。Nさんに練馬区の他の施設にも呼びかけて
    くださいと依頼したところ、

     「研修などで、具体的な数字を発表して、こちらから呼びかけなくても
    相手から興味を持ってもらうようにする。」だそうです。舌を巻きました。
    民間に勤めたら凄腕のセールスレディになったことでしょう。

    ┏━┓
    ┃2┃引きこもりの若者支援の可能性
    ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       「精神障害者雇用」ということに目標を絞っている「浩仁堂」の事業ですが、引きこもりの若者の支援をしている複数の方に興味を持っていただきました。
     
     訪問や居場所づくりで引きこもっている現状を支援することはできても、そこから就労に結びつけることは困難なようです。その状況は、精神障害者の居場所や、福祉的な就労の場所は広がってきても一般就労に進むことが難
    しいことに似ています。
     
    社会に居場所がないと感じている若者、とても自分には生きていく力がない
    とかんじている若者に「浩仁堂」は何かできることがあるのではないでしょうか。その人に得意な分野があれば、その分野の仕入れを担当できるでしょう。PCが得意であれば、業務を効率化するシステムを作ってもらえるのではないでしょう
    か。
       そのように、直接雇用することも将来的には可能でしょう。すぐできそうなこととしては、古本集めをして「浩仁堂」に売れば小遣い稼ぎができます。あるいは、「浩仁堂」をまねてアマゾンで古本販売をすれば事業化も可能でしょう。

     古本を販売することは、私のやろうとしていることを象徴的に表しているような気がします。持ち主にとってはもう価値が無くなったものに、価値を見い出す作業です。労働市場で、障害者や引きこもりの人に価値が置かれないのは残念ながら事実でしょう。こういう人々に十分な価値があると信じ、その価値を社会に示そうということが「浩仁堂」にかけている夢です。そして、40をすぎてそろそろくたびれてきた私自身の中にも新たな価値を見いだそうという作業でもあります。

     心理学者のユングは、各人がよりその人らしくなっていく過程を個性化と呼びました。一般的な言葉で言えば自己実現と言うことでしょう。その過程をユングは中世の練金術師が、卑金属から黄金を作りだそうという作業になぞらえました。
        
     私の作業は、価値の再発見という意味で古本のレベルでも、雇用のレベルでも、自分自身についても、そしてお金儲けという意味でも錬金術なのです。錬金術師で山師。この上なく怪しいですね。

     
    ┏━┓
    ┃3┃妻が仕事を辞めました。
    ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        妻が5年間勤めた職場を12月で辞めました。しばらくは、主婦として過ごす予定です。私のもくろみでは、妻に後1年ぐらいは頑張ってもらって、その間に自分の給料を「浩仁堂」で越えて、さらに二人分の給料を超えたら、彼女に辞めてもらうという考えでした。
     しかし、彼女は出品を手伝ってくれる気はおおいにあります。それに家のことをやってもらうとやっぱり楽です。このまま家のことは何もしない夫になってしまいそうです。
        
     案外妻の退職は浩仁堂の加速要因になってくれるかもしれません。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――――
    浩仁堂応援団とお客様のメルマガ
    ● 浩仁堂は、社会的起業によって精神障害者雇用を目指す。ネット古本屋です。
    ● このメルマガは、旧「読多屋本舗」と現「浩仁堂」に高評価をお寄せ下ったお客様と浩仁堂の趣旨に賛同し、応援を下さっている方々にお送りしています。
    ● このメルマガをご購読の皆様には、浩仁堂の書籍を購入時に本体価格10%をキャッシュバックいたします。Amazon・マーケットプレイスでご注文時にメルマガ購読者であることをhironaoshi@hotmail.comまでお知らせください。


    ● 以下のサイトで当店の趣旨と出品本リストがごらんいただけます。
        http://miwako-kurosaka.com/
         http://16.pro.tok2.com/~apprec/koujindo/list/
     このリストはなかなか優れもので、カテゴリー分けと検索が可能です。


    ―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――――
       「もしかしたら、あなたのお持ちの本がお宝かも」
     
     現在というか常に超強力高価買取中です。東京都内・近県出張いたします。100冊以上在庫をお持ちの方、メールでお問い合わせください。


    | メルマガ | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    メルマガ2号
    0
      浩仁堂メルマガ第2号
      「浩仁堂」インキュベーター: 2007/12/10 号


      1 なぜ、株式会社にこだわるのか


       来年10月に本格起業と言っていますが、「本格起業」の中身は
      会社の設立と障害者雇用の開始です。ある方から「NPO法人の
      方が、周囲の理解も、行政の協力も取り付けやすいのではない
      のか。」というご意見を頂きました。本当にその通りで、できたば
      かりの(まだできていませんが)弱小企業が障害者雇用をやりま
      すと言っても行政に相手にされないでしょうし、うさんくさく見る向
      きもあるでしょう。
       
       しかし、NPO法人が障害者雇用をやっていると言っても社会に
      与えるインパクトに欠けると思うのです。もちろんNPOといえど、
      障害者を雇用するとなると並大抵のことではないのですが、一般
      の人にとってはNPOとボランティア団体の区別が付きにくいのでは
      ないでしょうか。「NPOだからできるんだろう」とか「NPOだからやって
      とうぜんだろう」などと受け取られかねません。
       
       私のやりたいことは障害者雇用です。単に自分の会社で雇用する
      だけでなく。営利企業で精神障害者を雇用しても十分に戦力になる
      ことを社会にアピールしたいのです。そうすることで他の企業でも
      障害者雇用がすすむことをねらっています。その事を進めて行くには
      営利企業がもっとも良いだろうという考えです。
       
       とは、言いつつNPOの持つ社会的信用と活動の柔軟性には大いに
      後ろ髪を引かれてもいるのです。「浩仁堂」を応援してくださっている
      方々は、各界の第1線の皆様ばかりです。皆様の専門分野や・お仕事
      をご披露下さるだけでおもしろい文化講演会ができそうです。文章を寄せ
      ていただけば、質の高い雑誌ができるでしょう。「浩仁堂」の応援団として
      組織化できればこんな心強いことはありません。
       
       営利部門の浩仁堂と、非営利部門の浩仁堂応援団が車の両輪となると
      もっとも良いのかもしれません。(と勝手に夢をふくらませています。)

      募集中です!!
       読者の皆様からのお便りお待ちしています。最近読んだ本・見た映画の
      批評。仕事を通じて感じていること。我が家で起こった面白いこと。とにかく
      なんでも結構です。浩仁堂メルマガに掲載させていただきます。


      ┏━┓
      ┃2┃ 既に福祉施設とのコラボレーションが始まっています。
      ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       何度も言っていますが、浩仁堂のめざすところは精神障害者雇用です。
      これは、本格起業後にしかできません。でも既に、共同作業所との連携
      事業をはじめました。
       
       私の住まいの近くの作業所に本のクリーニングを
      お願いしています。値札を剥がして糊を消しゴムでとってもらって5円、
      布に除菌スプレーをかけて本を拭いて5円、合計1冊10円の作業です。
      作業を説明にその施設に伺い、10円という作業単価を提示したとき、
      作業所のメンバーさんから「オーッ!」と言う声があがり、職員さんからは
      「そんな割のいい仕事はないですよ」という発言がありました。
       
       浩仁堂が大きくなっていくことで連携している福祉作業所さんが大きく
      なればこんな嬉しいことはありません。まだ、浩仁堂との連携を目指して
      古本集めの作業をしてくださっている施設もあります。
       
       できるだけ多くの福祉施設で、古本集めや古本のクリーニングの作業
      をしていただいてそこで働く障害者の収入が少しでも良くなって欲しい
      ものです。障害者雇用が大きな目標ですが、それだけでなく、浩仁堂の
      存在によって多くの福祉施設が豊かになる形を目指していきます。



      ―――――――――――――――――――――――――――――
      | メルマガ | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      メルマガ1号
      0
        浩仁堂メルマガ第1号
        「浩仁堂」インキュベーター2007/09/30号
                                             

        1 見えました!!本格起業時期


         浩仁堂店主のご挨拶

         浩仁堂を応援してくださっているみなさん、こんにちは。直志です。

          現在浩仁堂では、在庫を保管・発送してくれる代行会社へ
        毎週移送中です。1000冊あまりの在庫とデータを渡して
        後は仕入れのみに専念してさらに加速をつけよう、という目論見でした。
        しかし、データの受け渡しがうまくいかず(自分のせいですが)、1冊1冊またアマゾンに出品するはめになりました。「やれ、やれ」と思っていたのですが、これが思わぬ副産物を生みました。
         
          自分で在庫を持っていたときの月々の売上は在庫の伸びほど増えず
        正直少しずつ不安になっていました。
        しかし、再出品することで最安値に更新したことで
        自分が持っていた在庫と売上の関係を上回る勢いで
        売れていきました。
        やはりこまめな価格改定が必要なのですね。

          さて、これで1000冊在庫で10万という売上が見えてきました。
        とりあえず、5000冊になれば、専業になっても何とか
        自分だけの生活はできるでしょう。専業になれば月に1000冊ずつ
        在庫を増やすのは難しくありません。障害者を雇えるように
        なるには専業として半年もやれば必要充分でしょう。

         そこで、目標を下方修正(?)します。
        専業になる在庫5000冊
        障害者雇用を開始する在庫1万冊
        本格起業時期2008年10月(言ってしまった。)
        現在の在庫  2000冊(含む未出品)
        です。
          
         皆様の応援のおかげで、より具体的な
        目標が見えてきました。本当に感謝にたえません。
        変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。
         

         このメルマガを皆様のご感想・アドバイスでよりよいものに
        していきたいと思います。



        | メルマガ | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |