CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
blogranking
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
NET古本屋「浩仁堂」の障害者雇用への挑戦!!
<< 第2回東京古書組合中央線支部トークイベント 開催! | main | ビジネスと福祉(あるいはNPO) >>
「古本買い取ります」の本当の意味は?
0


    1日1クリックおねがいします。  人気ブログランキング

     買取の様子も別のブログに書いています。  買取ブログ
     
    □■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■□

     

    古本屋にとって大事な古本の仕入れ先は

    何といっても一般のお客様からの

    買取です。

     

    ですから、「古本買入」という昔ながらの

    そっけないものから、「ご本をお売りください」

    という丁寧な形まで、様々、古本屋はお客様に

    本を売ってもらえるように呼びかけます。

     

    しかし、本であれば何でも書い取るかというと

    そういうわけではなく、売る方も買う方も

    いろいろ苦労があります。

     

    (電話の呼び出し音)

    古本屋「はい、●●堂でございます。」

    お客様「あの、父の蔵書を整理したいので、出張

        買取をお願いしたいのですけど。」

    古  「ありがとうございます。どのようなご本

        が多いでしょうか?」

    客  「父は大変な読書家でしたものですからね。

        本棚にぎっしりなんですよ。そうですね。

        全集が多いですね。世界文学全集 日本

        文学全集 それかから、私たち子どもの

        ためにそろえた少年少女文学全集。」

    古  「申し訳ございませんが、そういったものは

        お買取いたしかねます。」

    客  「えーっ。」

    古  「こう言った文学全集を書斎やリビングに

        並べられていたのは、昭和のお父さんたち

        で、現在は全く需要がありません。

        文学全集は今、最も振るわない領域です。

        全集を古本屋に出したいお客様ばかりで

        買いたい人はめったにいません。市に出

        てきても古本屋は見向きもしません。」

        (ちょっと言いすぎか?)

     

    お客様「じゃあ、夏目漱石全集や芥川龍之介全集は

        どうなの。」

    古  「同じように難しゅうございますね。ああい

        うかさばるもので、本を読もうという方が

        もういらっしゃらないのですよ。それに、

        そういったものを置いておける場所も今の

        住宅では難しいですからね。」

    お客様「でも、日本の代表的な文豪でしょう。」

    古  「さようです。ですから、多くの方が頑張っ

        て購入なさった。それが、今大量に古本と

        して出されているのです。買われる方が

        いない中で処分なさる方だけが大量となる

        と、どうなるかということでござい

        ます。」

     

    お客様「かさばるのが大変だったら、単行本もたく

        さんあるわよ。遠藤周作 司馬遼太郎 

        丸谷才一 瀬戸内晴美 向田邦子 小川

        邦夫 吉川英治」

    古  「その辺の何というでしょ、小説家のものは

        勘弁願いたいのです。」

    お客様「えっ!古本屋さんが小説を買わないの?

        じゃあ、シェイクスピア全集もダメなの

        かしら、坪内逍遥先生のを頑張ってそろ

        えていたけど。」

    古  「はい、やっぱり駄目ですね。むしろ、白水

        社Uブックスがそろっていたら少しには

        なります。あと大修館シェイクスピア双書

        でしたら、1冊から買取可能です。

        蜷川の演劇DVDもいいですね。」

    お客様「そういう新しいのはないのよ。」

     

    古  「小説以外ではいかがでしょう?」

    お客様「これはどうかしら、原色日本の美術という

        図書館にありそうな大きな本があるのだけ

        れど。やっぱり大きくてダメかしら」

    古  「おっしゃる通りなのですよ。」

    お客様「ああ、じゃあこれは?少し大きいけれど

        1冊1冊は軽いわよ。ナショナルジオ

        グラフィックが何百冊もありそうなの

        だけど」

    古  「いやいや、本当に申し訳ございません。」

    お客様「ダメなのね。小さいほうがいいなら、文庫

        本がこれまた、何百冊とあるのだけれど、

        新潮文庫が多いわね。」

    古  「文庫は難しいですね。」

    お客様「じゃあいったいどんな本なら買えるの?

        エンサイクロブリタニカは?」

    古  「・・・・・」

    お客様「ダメなのね。分かったわ。『古本買い

        ます』って書いてあるから、電話したのに

        これじゃあ、『古本買えません』って書く

        べきよね。」

    古  「・・・・・」

    お客様「じゃあ、買えないならただでいいから引き

        取って頂けないかしら?」

    古  「申し訳ございませんが、時間をかけて整理

        する私共の手間はどうすればよいので

        しょう?買い取れるものがせめて2割でも

        あれば、引き取りもできるのですが。」

    お客様「分かりました。どうもご迷惑さまで

                した。」

        (通話の切れる音)

    古  「・・・・・」

     

     

      お客様だいぶお怒りの様です。無理もありませ

    んね。古本屋の言う「古本買い取ります」はさすが

    に「古本買えません」ではないものの「大部分の

    古本は買えません」といってもいいのかもしれません。

    正確には「市場で価値のあるもののみ買い取り

    ます」か「市場にも出てないような希少価値の高い

    珍しい本、古い本、歴史的発見につながる古文書、

    資料喜んで買います。」ということでしょう。後者

    は皆がねらっていますが、めったあるものではあり

    ませんから、98%が前者の意味です。

     

     そこでお客様をがっかりさせないために、自らが

    無駄足を踏まないためにも古本屋はどんな本なら

    買取可能かをHPやブログで熱心にお知らせして

    いるわけです。

     

    そこで、浩仁堂が喜んでお買取りします書籍の

    ジャンルをお知らせ申し上げます。

     

    歴史研究
    社会科学
    哲学・思想
    地方誌
    民俗学
    映画・音楽評論
    諸宗教研究

    国文学近代・古典研究

    最近の美術評論・美術研究所
    趣味の雑誌大量

    *学術書できるだけ最新のものが

    買取価格が高くなります。

     

    □■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■□
    即売会(古本市)のご案内

    ●好書会


    6月25日(土)〜 6月26日(日)
    午前10時~午後6時
    26日は午後5時まで

    杉並区高円寺北2-19-9
    「西部古書会館」(高円寺)高円寺駅下車北口、徒歩3分!
    「オリンピック」そば!にて開催されます。


    ●我楽多展
     7月8日(金)〜7月9日(土)

    午前10時~午後6時
    9日は午後5時まで     
    東京古書会館B1

    千代田区神田小川町3-22
    03-5280-2288  

     

    □■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■□  
    学術書(専門書)・美術工芸書・語学CD本 語学教材
    の買い取りなら浩仁堂にお任せください。!!!!
    障害害者雇用を推進するNET古本屋「浩仁堂」(コウジンドウ)
    〒180-0022 東京都武蔵野市境1-17-6-106
    /fax0422-55-1533・メール:Info@kojindo.jp

    買取のご案内 

    | 仕入れ | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://lolipoblog.kojindo.jp/trackback/1407775