CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
blogranking
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
仕入れた古本からおすすめ商品を紹介していきます。
<< さつまいも旬の「浩仁堂」日記 その3 | main | スタッフSの偏愛選書 >>
ル・グウィンさんと宮駿
0

    古本買取のお問合せ 

     

    0422-55-1533

    「ゴーゴー・イゴサンサン」

     

    1日1クリックおねがいします。 

     人気ブログランキング

     買取の様子も別のブログに書いています。

      買取ブログ

     

    ■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■

    JUGEMテーマ:読書

     

    master-kです。

    1月22日に「ゲド戦記」シリーズの作者、

    ル:グウィンさんが亡くなられました。

    宮崎駿に多大な影響を与え、彼のアニメには

    通奏低音のように「ゲド戦記」が流れています。

     

    しかし、宮崎さん自身はゲド戦記をアニメ化し

    ませんでした。息子の五朗氏にまかせ、結果、

    なかった事にされているぐらいの駄作になり、

    原作者を閉口させました。宮崎駿がゲド戦記を

    アニメ化しなかったのは、日本だけではなく、

    世界アニメ会、いや世界映画界の大損失と言える

    でしょう。宮崎さんも、何度目かの引退撤回をし

    たようですから、今からでも、ゲド戦記に挑戦し

    て欲しいものです。

     

    思えば、ゲド戦記も前回の物語の構造を共有しいま

    すね。前回の答え合わせに加えて、ゲド戦記のキャ

    ラクターを並べてみましょう。

     

           lotr    SW       ES

     

    1,主人公 フロド     ルーク    ゲド

    2,賢者  ガンダルフ  オビ・ワン   オジオン

    3,同行者 アラゴルン  ハン・ソロ   アレン

    4,姫   アルウェン  レイア     テナー

    5,敵   サルマン   ダース・ベイダー

          サウロン   皇帝                クモ?

    6,道化  メリー他   C3PO

     

    同じ構造を持っているとは言え、各作品それぞれ個性

    があります。己のダークサイドと闘うという点では

    ロードオブザリングが際立っているでしょう。フロド

    は、世界を自由にできる力を持つ指輪をわざわざ捨て

    に行くのが使命なのです。もはや、仏教の修行僧の如

    くに自我を滅却する仕事です。「影との戦い」タイト

    ル通りのゲド戦記1巻も自己のダークサイドと対決しま

    すが、シリーズ全体としては、女性の成長、男性の中

    年期のウツの問題、そして、老人となった後の世代交代

    までをも射程に含めます。ライフサイクルが丸ごと収め

    られています。ルークも中年期に引きこもりますが、

    責任を放棄してのんびり田舎暮らしを満喫していますの

    で、ちょっと、お気楽な感じがあります。

     

    何れにしても、優れた物語には、作者の心理療法の意味

    があり、また、読者にとっても同様の作用があります。

     

     

     

    □■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■□  

    ●浩仁堂のアマゾン在庫です。

    ●浩仁堂のオークションページです。ぜひご覧ください。

     

    学術書(専門書)・美術工芸書・語学CD本 語学教材
    の買い取りなら浩仁堂にお任せください。!!!!
    障害害者雇用を推進するNET古本屋「浩仁堂」(コウジンドウ)
    〒180-0022 東京都武蔵野市境1-17-6-106
    /fax0422-55-1533・メール:Info@kojindo.jp

    | 考察 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://lolipoblog.kojindo.jp/trackback/1407799