CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
blogranking
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
福祉と古本屋のミックス企業、障害者雇用を推進するネット古本屋浩仁堂の活動紹介ブログです。
ウツとダイエットと筋トレと
0

    JUGEMテーマ:読書

    古本買取のお問合せ 

     

    0422-55-1533

    「ゴーゴー・イゴサンサン」

    買取のご案内

     

    1日1クリックおねがいします。 

     人気ブログランキング

     買取の様子も別のブログに書いています。

      買取ブログ

     

    古書店浩仁堂のアマゾン在庫です。

    ●浩仁堂のオークションページです。

    ぜひご覧ください。

     

    ■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■

       master-kです。

     この病名をご存知ない方が多いと思いますが、私は双極性障害況燭箸いι袖い18年ほど患っています。つまり、私は仕事で精神障害者の支援をしていますが、自身が精神障害者でもあるのです。私の病気は軽い躁状態とウツを繰り返すものです。ウツになると、気分の落ち込みと同時に身体も酷くダルくなって寝込む日が多くなります。食事の面では甘いものやご飯を限りなく欲してしまいます。そうすると、余計にダルさとウツを深めてしまうようだと感じていました。18年もそんな事を繰り返していると、さすがにもう、うんざりしてしまいました。

     

     そんな時に「うつ消しごはん」(*1)という本と、ケトジェニックダイエット(*2)という方法に出会いました。この本によれば、ウツは軽減するけれどもなかなか完治までいかないのは、糖質依存による、血糖値の不安定が原因だということでした。血糖値が不安定だとイライラやダルさ急な眠気といった症状がでてくる。それを、タンパク質中心の食事にして鉄分を補えば、血糖値が安定してウツ症状が消えていくというものでした。これは、私の体験からも納得のいく主張でした。そこで思い切ってケトジェニックダイエット、つまり、糖質を1日10g以下に抑え、タンパク質と脂肪と緑野菜の食事に変えました。

     

     ケトジェニックダイエットには筋トレも不可欠です。実は4年前にパーソナルトレーニングを受けた事があり、その時、もう自分はウツ状態から脱却したのではないかと思えるほど体調が良くなったのでした。そこで今回も食事に加えて筋トレも怠け怠けですが続けてけていきました。すると体重が1ヶ月で61kgから57kgに落ちてきました。加えて気分良く働ける時間が徐々に増えてきました。そして何より、そういった進展を見せている自分に対して肯定感が高まってきました。

     

     もちろん、私の人体実験は1ヶ月に過ぎません。確信を持って言える為には、さらに経過を見る必要があるでしょう。しかし、著者のクリニックでは多くの患者さんが快方へ向かっているようです。 そして、多くのフォロワーによって「うつ消しごはん」の説くところが確証されてくれば、ウツやその他の精神病で苦しむ多くの人々にとって福音になる事は間違いありません。

     

     「低糖質高タンパク質ダイエットと筋トレでウツな気分が軽くなる。」この事が真実だとすれば、25年間仕事として精神障害と付き合って来た私にとって、とても大きなパラダイム転換に思えます。

     

     私はウツ病に対する、薬の有効性を認めます。それは、自分にも効いてきたし、薬のおかげで改善している多くの精神障害の人々を見てきたからです。しかし、薬ではほどほどによくなるのですが、中々、完治というところまで至りません。そこを、もし、ダイエットと筋トレで完治に近づけることができるとしたら、これは画期的なことです。

     

     思うに今までの医学は、精神病や心の病であるからにはその原因や治療法も、脳や心にあるとの思い込みが強すぎたのではないでしょうか?昔から、日本では気分を表す言葉に、身体の各部分が用いられますが、 その事に象徴されるように身体の状態と精神状態は密接に結びついています。現に血糖値の不安定さが、ウツ状態を引き起こすのです。今後の精神病治療には、身体全体の不調と精神状態がどのように結びついているかを見極めて、身体にどのように治療を施していくかも大切な要素になっていくように思えます。

     

     さて、この一見なんでもない方法が、現実の精神障害者にはとてもハードルの高いものでもあるのです。v「低糖質高タンパク質ダイエットと筋トレでウツな気分が軽くなる」のだとすると、「糖質過多で低タンパクの食事と運動量の少なさがウツ状態を引き起こす」と言えます。困った事に多くの精神障害者の生活は正にこの状態なのです。

     

     ウツで不安定な状態の人は、端的に甘いもの、あるいは糖質を更に欲します。すると、更にウツ状態が酷くなるという悪循環に陥っています。その障害の為、貧困の問題も抱えていますから、手取り早くお腹を満たそうとすれば、どうしても菓子パンやお菓子といった糖質に頼ってしまいます。貧困でなくても、日本の外食及び内食のメニューには炭水化物が圧倒的に多いのです。

     

     また、筋トレまでいかなくても、わずかなエクササイズであっても、何かをする体力も意欲も減退してしまうのがウツなのですから、エクササイズ実践への壁はとても高いのです。

     

     食事の工夫を考えてみますと、卵とプロテインを利用するとよいと思います。厳密なケトジェニックダイエットであれば、卵の黄身を食べても問題ないのですが、タンパク質を多少増やそうというレベルであれば、もったいないですが、黄身は食べない方がいいかもしれません。しかしそれがどうしても抵抗がある方は、仕方がない。黄身も食べてしまいましょう。今までよりタンパク質を増やせる事は間違いないのですから。

     

     プロテインは2キロで3千円ぐらいしますから、金銭的には多少痛いかも知れません。しかしこれはお米の様に、本当お金がなくなった時にこれだけで食いつなげられるものです。しかも、最近のプロテインは溶けやすく、フレイバーも様々に工夫されていて、とても飲みやすくなってきています。

     

     とはいえ、ウツ病で苦しんでいる方が、一人でこれを実践していくのはとても大変な事です。私のダイエットも家族の協力が不可欠です。そこで、力を発揮するのが、共に頑張れる仲間がいる場所だと思うのです。例えば、栄養士・整体と筋トレ指導のできるトレーナー・精神保健福祉士・臨床心理士と言ったスタッフのもとで20名くらいで1ヶ月の合宿をするなんていうのはどうでしょう。

     

     1日最低2食は、合宿所で高タンパク、高脂肪と緑黄色野菜たっぷりで、美味しくバラエティに富んだ食事をいただく。もちろん、鉄分とプロテインも摂取しましょう。そして、日中はお一人お一人の利用者さんの症状と体力に応じたエクササイズプログラムを提供して、さらに、マッサージも加えましょう。トレーナーさんはやはり若くて美しい男女のほうが利用者さんのモチベーションも上がりますね。そして、夕食の後には、皆で集まってその日に自分の取り組んだ事を報告し合い、お互いを称えましょう。 もし、思うようにいかなかったとしても、明日につながるように考え方を切り替えましょう。

     

     いかがですか。こんな所があったら、真っ先に私が参加したい。これは、ウツの人に限らず一般の方のダイエット道場として使えるのではないですか。ライザップに30万円払うとしたら、この施設にいくら払いますか?そのお金で儲けた分を貧困に悩む精神障害者の利用料を軽減するのに使う。我ながらいい考えではないでしょうか?

     

     私は、現在の施設の延長線上にこの道場を必ず実現させたいと考えています。えっ、軽く躁状態なのではないのか?ですって?そうかも知れません。しかし、私は双極性障害況燭両態で起業して現在10年目で11名のスタッフを抱えているのです。やれる!でしょう。

     

    (*1)うつ消しごはん―タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる! https://www.amazon.co.jp/dp/4908925402/ref=cm_sw_r_cp_api_i_6vv0CbXXKPR7F

     

    (*2)フェイスブックのお友達である加藤孝さんによる「ケトジェニックダイエット3週間チャレンジ」というプロジェクト。

     

     

    好書会

    6月22日(土)〜 6月23日(日)
    午前10時~午後6時

    日曜日は午後5時まで

     

    好書会

    7月13日(土)〜 7月14日(日)
    午前10時~午後6時

    日曜日は午後5時まで

     

    杉並区高円寺北2-19-9
    「西部古書会館」(高円寺)高円寺駅下車北口、徒歩3分
    「オリンピック」そば!にて開催されます。

     

     

    ■□ □■■■■■□ □​■■■■■□ □■■■■■□  

     

    学術書(専門書)・美術工芸書・語学CD本 語学教材
    の買い取りなら浩仁堂にお任せください。!!!!
    障害害者雇用を推進するNET古本屋「浩仁堂」(コウジンドウ)
    〒180-0022 東京都武蔵野市境1-17-6-106
    /fax0422-55-1533・メール:Info@kojindo.jp

    ホームページ http://www.kojindo.jp/

     

     

    | 考察 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    平成の古本屋概観
    0

      JUGEMテーマ:ビジネス

      古本買取のお問合せ 

       

      0422-55-1533

      「ゴーゴー・イゴサンサン」

      買取のご案内

       

      1日1クリックおねがいします。 

       人気ブログランキング

       買取の様子も別のブログに書いています。

        買取ブログ

       

      古書店浩仁堂のアマゾン在庫です。ぜひご覧ください。

       

      ■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■

         master-kです。

      フリーペーパーバックナンバー第3弾です。

      バックナンバーがなくなると現在は記事を読む機会がなくなってしまいますので、浩仁堂ブログに再掲します。私が書いた記事ですし、組合と権利関係もありませんので、広く皆さんにお読みいただきたくここに、再掲します。

       

      平成の古本屋概観

       

      昭和の古本屋のイメージ

       

       昔ながらの古本屋といえばこんなイメージだろうか。ハードルの高さを勇気で押し殺して入店すると薄暗い店内に古本のカビ臭さとホコリっぽさが充満している。古本が、本棚はもちろん、平台にも何重にも重ねられ、通路にも山と積まれ、その山が所々、雪崩を起こしかかっている。帳場に座った眼鏡の店主は、客が来てもいらっしゃいませはおろか、顔さえあげない。「買ってもらいたいのですが」とおそるおそる持参の本を数冊ほど差し出すと、オヤジが無言で受け取る。軽い軽蔑の眼差しで本を眺め、そしてこちらに眼鏡のうえから視線をよこして『買えませんね。』という。本だけでなく、そんなつまらない本を持参したこちらの人生も否定されたような気持ちだ・・・。もちろんこれはあくまでも筆者の抱くイメージ過ぎない。古本屋諸氏にはご立腹なさらない様にお願いしたい。いうまでもなく、丁寧な接客の古本屋さんは沢山いらしたに違いない。

       

      それでも古本はよく売れた

       

       古本屋は20年前まではとても景気が良かった。現在の即売会では、各店の売上は数万円から数十万円である。ところが、これが20年前であれば、1桁上の売上が達成できた。書籍の果たす役割が大きかったのだ。学術や文学はもちろん、趣味を追求するにしろ、実用的なハウツウを求めるにしても、まず書籍で情報を得るしかなかった。その為に、書籍に対する需要がとても高かったのである。ましてやそれがより安くで入手できるのだから、古本屋を使わない手はない。さらには、古本屋には新刊本にはない、絶刊本、初版本、署名本、和本、豆本があり、時には美術骨董品や紙物まである。為に即売会の開場時には大勢のマニアが詰めかけ、先を争って本棚に殺到したものだった。つまり古本屋や即売会は、経済性と実用性に加えて宝探しの楽しさも提供できるので娯楽施設の側面も兼ていたのだ。

       

      ブックオフショック

       

       1990年年ブックオフ1号店が神奈川県相模原市にオープンした。創業者氏は、古本屋をやろうと決心して、古書組合に加盟した。それで、市に参加したのだが、彼には市に出品されている古本がどう見てもゴミにしか見えなかった(笑)。そして、その相場を時間をかけて学んでいくというスタイルに魅力的を感じなかった。それで、こういう古本は扱わない。キレイな本だけを扱おうと決めた。相場が分からないから、定価の1割で仕入れて半額で売ることにした。ブックオフスタイルは従来の古本屋のイメージを大きく覆すものだった。広い店内に明るい照明。特製の本棚に整然と並べらたきれいな!古本。お客様が来店すると「いらっしゃいませ。今日は」の合唱が鳴り響く。古本を持っていけば「お売りいただけるご本でしょうか?」と怪しげではあるものの、一応敬語で対応してくれる。値付けが明確なので、バイトでもルーティンを覚えれば、全ての業務に対応できる。という事は、チェーン展開がとても容易だということだ。4年後に100店舗になった。人々は争ってブックオフから本を買い。ブックオフに本を売った。まさに「本を売るならブックオフ♫」になってしまった。ブックオフでは、従来の古本屋が扱っていた様な焼けたり、シミがあったりした本には値段を付けない。業者に頼んで廃棄してしまう。伝統側の古本屋からすれば、貴重な古本がそうやってどれだけ廃棄されただろうと思うと胸が痛む。もちろんそれはブックオフの責任ではない。従来の古本屋に古本を売る場所としての魅力が無かった為である。

       

      ネットの普及

       

       さらに古本業界を激震させたのがアマゾンである。2002年がアマゾンの中古取り引き仲介サービス、アマゾンマーケットプレイスが始まった。古書の売値の相場に誰もがアクセスできる様になった。これにより、ブックオフから仕入れてアマゾンのマーケットプレイスで販売するという電脳せどりが可能になった。10年ぐらい前まで、ブックオフの棚で携帯を見ながら、カゴを3つも4つもの古本を買っている人々を見かけたことがあると思う。あれがブックオフセドリ(初期は携帯を使い、後にはスマホを使ったので電脳セドリとも呼ばれる)である。初期のセドリで商才のあった人々は現在のネット古本屋のトップランナーにまでなった。電脳セドリが可能になったことで、古本屋と素人の差がほとんどなくなってしまった。セドリは最低価格で出品して高回転で在庫を回す事を考える。するとあとはセドリ同士の低価格競争である。古本の相場はあっという間に崩れて、殆どが1円本となった。そうなると、ブックオフでセドリができる本が消えていき、却ってセドリの淘汰が進んだ。現在では、ブックオフ自体がネットの価格を参考に値付けをしている。為にセドリは困難になった。アマゾンとセドリによって引き起こされた相場崩壊もさることながら、ネットの普及によってどんな分野でもかなりの程度、ネットだけで情報の取得が可能となり、ご存知の通りの書籍へのニーズの低下=古本への需要への低下へとつながり、前述の通り、即売会の売上は20年前の10分の1となった。

       

      多様化する古本屋

       

       そのような、古本への需要の低下、価格の低下が進む環境の中で、それでも古本屋は様々な工夫をし、生き残りを図っている。その例をいくつかあげてみる。

       

      1、ネットの古本屋になる。

       ネット専業であるか店舗を持ちながらであるかは異なるが、もはや多くの古本屋がネットで販売している。アマゾン、ヤフオク、日本の古本屋、スーパー源氏、自社サイトと使うプラットホームを選んで、あるいは組み合わせて販売機会を最大化させようとしている、しかし、ITに強く、郊外あるいは地方に大規模倉庫と多くのバイトを抱え、広報力のある若手事業家達に規模、売上ともに水をあけられている形である。彼らはセドリからスタートしている。古本屋をビジネスと割り切る彼らの姿勢は今後の古本屋のあり方にとても示唆的である。

       

      2.扱うものを絞る。

       ある程度、どんなジャンルでも揃っている古本屋をスーパーだとすれば、敢えて、肉屋や八百屋になるといった専門店化を狙う行きかたである。古本屋になる事自体、サラリーマンから比べれば、好きな事で飯を食うことだが、1分野に特化した古本屋はその究極といっていいだろう。ジャンルの絞り方はなんでもよい。人間の活動の分野だけあるのだから。絵本、マンガ、アイドルはすでにライバルが沢山いる、好きな時代に切り込むというやり方もあるし、誰も価値を認めてないものに新たな価値を見出すの事もできるかもしれない。人間は好きな事ならば、それを追求する事が苦にならないから、好循環でそのジャンルの知識が積み上がっていく。その分野で第一人者という事になれば、マスコミへの露出も増加して、一般的は認知度もたかまる。すると、買取、売りともに格段に仕事がしやすくなる。

       

       若者が憧れる古本屋のスタイルとしてセレクトショップがある。扱うものを敢えて制限するという事でいえば同じである。しかし、セレクトショップという形で成功した古本屋を筆者は知らない。基本的には限られたスペースにどれだけの数の古本を置けるかが、売上を決めるのである。特定のジャンルに特化する事は扱う量を減らす事とイコールではないのである。

       

      3.目録で有名店になる。

       

       これは、2.と相性が良いというかセットかも知れない。自家目録でも合同目録であっても、高額でも売れる商品を出せるお店は、ジャンルを絞った有名店である。目録で有名になる為には、仕入れ、目利き、売りに関する知識と経験、すなわち古本屋としての総合力がなければ難しい。

       

      4.他業種とのミックスで生き残る。

       

       若者が憧れる古本屋のスタイルのもう一つにブックオカフェがある。古本とコーヒーは相性が良すぎて、コーヒー1杯で何時間も粘られる可能性がある。そこを解決できれば、可能性のある組み合わせだと思う。古本屋と他業種のミックスは増えてきている。家電、雑貨屋、旅行代理店といった他業種による古本部門の創設もある。従来の商品と本を組み合わせる事で、知的な空間を演出し、人々の足を止める効果を狙っているのだ。古本屋からはカフェ、バー、福祉施設へのアプローチがある。福祉とのミックスとは次のような事だ、古本屋の業務全体を障害者作業所で行う場所もあれば、クリーニングや入力などを下請けに出している形もある。古本屋は一番大変なところを福祉施設に任せる事で、仕入れに注力する事ができ、福祉施設は仕事を確保し、障害者に工賃を払う事ができる。ウィンウィンの関係である。他には、骨董品を古道具屋に負けないレベルで扱っている古本屋もある。主張買取に出向いた際に取り扱える範囲が広まるし、道具の市場に出入りする事で、面白い紙ものを入手できる事があるからだ。

       

       いうまでもないが、ミックスすればうまくいくというものではない。組み合わせる事でお互いがともに良さを引き上げるような組み合わせとオペレーションの工夫に必死に知恵を絞る必要がある。


       

      5.従来型で生き残る。

       

       現在でも、ネット売りもせず、店舗と即売会のみで立派にというか、他店に抜きん出るレベルで営業できる店は未だに存在する。その条件とはなんだろう。古本屋が儲かっていた時代にすでに有名店としての地位を占めていたという事だ。だから、古書の売り先としての認知度が高い。良い本が集まって来る為にお客さんがよく集まる。お客さんとの長い付き合いの中で、お客さんに合わせた仕入れ、目録の作成作りができる。すなわち、そもそも、商才があって、店に歴史があって、良い後継者に恵まれ、古本屋のやるべき事を全て高いレベルで回せるところでないと従来型で生き残る事は難しい。新規参入者にはもっともハードルの高いゴールである。

       

       以上、組合加入10年の筆者に可能な範囲で古本屋の変遷と多様化を述べてきた。次回からは、業態毎に実際の古本屋さんに取材をして、今後の古本屋の可能性を探っていきたい。

       

       

      好書会

      6月22日(土)〜 6月23日(日)
      午前10時~午後6時

      日曜日は午後5時まで

       

      好書会

      7月13日(木)〜 6月14日(日)
      午前10時~午後6時

      日曜日は午後5時まで

       

      杉並区高円寺北2-19-9
      「西部古書会館」(高円寺)高円寺駅下車北口、徒歩3分
      「オリンピック」そば!にて開催されます。

       

       

      ■□ □■■■■■□ □​■■■■■□ □■■■■■□  

       

      ●浩仁堂のオークションページです。ぜひご覧ください。

       

      学術書(専門書)・美術工芸書・語学CD本 語学教材
      の買い取りなら浩仁堂にお任せください。!!!!
      障害害者雇用を推進するNET古本屋「浩仁堂」(コウジンドウ)
      〒180-0022 東京都武蔵野市境1-17-6-106
      /fax0422-55-1533・メール:Info@kojindo.jp

      ホームページ http://www.kojindo.jp/

       

       

      | 広報 | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      成蹊大学ボランティアサークル Uni.さんとのコラボ
      0

        JUGEMテーマ:ビジネス

         

        古本買取のお問合せ 

         

        0422-55-1533

        「ゴーゴー・イゴサンサン」

        買取のご案内

         

        1日1クリックおねがいします。 

         人気ブログランキング

         買取の様子も別のブログに書いています。

          買取ブログ

         

        ■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■

        master-kです。

         

        成蹊大学ボランティア部Uni.の古本回収が行われました。その趣旨は市民の方から古本を集めてそれを浩仁堂に販売し、そのお金を児童養護施設に寄付する・学習指導員の派遣に費用とするというものです。この取り組み素晴らしいですね。

        もともと、Uniさんは、さる新古書店に販売していたのですが、かつての浩仁堂スタッフが、Uniさんと相談して、浩仁堂が買取を担当することになりました。

        浩仁堂の提案は、新古書店より弊社にお売りいただいたほうが、障害者の就労支援につながり、4倍程度高額買取りができるので、Uniさんの本来の目的にもより叶うものになるのではということでお話させていただきました。

        この活動も今年で5年目です。最近、世論では貧困の自己責任論がはびこる中、こんな優しさをもった若者たちは素晴らしいでね。浩仁堂も間接的にですが、子供達の学習支援ができて本当に嬉しいです。

         

        Uni.さんへの古本回収依頼はこちらへどうぞ。メール uni_bfk@yahoo.co.jp  電話 0422-37-3993

         

         

        古本即売会のご案内。浩仁堂参加分のみ掲載しています。

         

         

        杉並書友会

        6月8日(土)〜 6月9日(日)
        午前10時~午後6時

        日曜日は午後5時まで

         

        好書会

        6月22日(木)〜 6月23日(日)
        午前10時~午後6時

        日曜日は午後5時まで

         

        好書会

        7月13日(木)〜 6月14日(日)
        午前10時~午後6時

        日曜日は午後5時まで

         

        杉並区高円寺北2-19-9
        「西部古書会館」(高円寺)高円寺駅下車北口、徒歩3分
        「オリンピック」そば!にて開催されます。

         

         

        ■□ □■■■■■□ □​■■■■■□ □■■■■■□  

         

        ●浩仁堂のオークションページです。ぜひご覧ください。

         

        学術書(専門書)・美術工芸書・語学CD本 語学教材
        の買い取りなら浩仁堂にお任せください。!!!!
        障害害者雇用を推進するNET古本屋「浩仁堂」(コウジンドウ)
        〒180-0022 東京都武蔵野市境1-17-6-106
        /fax0422-55-1533・メール:Info@kojindo.jp

        ホームページ http://www.kojindo.jp/

        | 仕入れ | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        古書目録を楽しむ
        0

          JUGEMテーマ:ビジネス

           

          古本買取のお問合せ 

           

          0422-55-1533

          「ゴーゴー・イゴサンサン」

           

          1日1クリックおねがいします。 

           人気ブログランキング

           買取の様子も別のブログに書いています。

            買取ブログ

           

          ■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■

          master-kです。

          フリーペーパーバックナンバー第2弾です。

          バックナンバーがなくなると現在は記事を読む機会がなくなってしまいますので、浩仁堂ブログに再掲します。私が書いた記事ですし、組合と権利関係もありませんので、広く皆さんにお読みいただきたくここに、再掲します。

           

          古書目録を楽しむ

           

          深く高尚な趣味か?バツゲームか?

           

          ○古書目録って何?

           

          古本になじみのない方に古書目録という言葉はピンとこないと思います。私も、古本屋になったばかりの頃は目録って何だ?といぶかしんだものでした。目録とはカタログの事ですので、古書目録とは古本の通販カタログということです。姿は冊子の形をしています。

           古本屋さん1店が発行するものを自家目録、即売会に合わせて複数のお店がまとめて発行するものを合同目録と呼びます。

           

               

          ○自家目録の特徴。

           

          10年前は自家目録を出す事が目標だという古本屋さんが結構いました。半年なり、1年なりの仕入れの成果をそこで発表するわけですから、半年、1年、自慢の在庫を売らずにとっておけるだけの力がなくてはなりません。その古本屋さんの得意分野の本が、豊富な知識をもとに整理されています。お客さんの視点からすれば、何十年も探しているような本が出てきたり、ご高齢の方も見た事のないような貴重で面白い本と出会ったりする機会になります。古本屋、お客さん双方にとって教科書であるといえるでしょう。

           

          ○合同目録の特徴。

           

           一方、合同目録はどうでしょう。即売会に出店する古本屋さんは、大抵いくつもの即売会をかけもちしていますので、目録の為に長い期間をかけて在庫を集めることが難しくなります。そのため、その時の在庫で比較的良いものを出していくという事にどうしてもなりがちです。締切に追われるために、ジャンル分けも十分にはできませんので、よくある本だけど市場価格と比較してとても安くなっているとか、貴重なものだが古本屋さんが時間不足で調査しないままだったため、信じられない安い値段で出ているなどということが起こります。合同目録でせどりをする人さえ出てくるのです。合同目録はバーゲンセール的な面も持ち合わせているといえるでしょう。 

           

          ○目録を入手する。

           

            では、どうしたら目録を入手することができるでしょう?自家目録は古本屋さんから直接有料で購入します。合同目録は開催している会場でもらえますし、残部がなくなれば、住所を書いて置くと、次回から送付してくれます。しかし、いずれにしても初心者にはハードルが高いし、出かけていくのも大変です。ネットに慣れた方には、ウエブサイト「古書店さんの目録ナビ」

          https://www.moku-navi.com/)をおすすめします。ここは、目録の印刷・送付を行っている印刷屋さんが制作なさったサイトです。会員登録をすれば、最新の古書目録を無料で送ってくれます。

          ○目録を読みこなす。

           

           さあ、古書目録が手に入りました。お気に入りの本を選んでみましょう。できれば、状態の良いものがほしいですよね。ところが、本の状態説明には初心者には分かりにくい略語や用語ばかりが並んでいます。これを読みこなさなければなりません。代表的なものを上げて説明いたします。

          【初あるいは初版】初版本のこと。

          【カバ】カバーが付属していること。

          【帯】 帯が付属していること。

          【函】本来は函に入っていた本で函が付属いるということ。ない場合は【函欠】となる。

          【裸】本来は函やカバーが付属していた本で、それらがない状態。

          【帙】チツと呼ぶ。和本を保護する装具で、留め金式になっているもの。

          【和装】和本。和紙に印刷、筆記されて、糸で綴じられている。

          【署名】著者の署名があるもの。これにより高値になる場合もある。

          【蔵印】旧所有者の印が押されていること。

          【蔵書票】旧所有者の札。凝ったものが多く、蔵書票のコレクターも存在する。

          【ヤケ】日光にあたって茶色に変色していること。

          【書込・線引】書込や線引があることを示す。​

           

          まだまだ、たくさんありますが、徐々になれていってください。大手通販サイトの古本販売からスタートした筆者からすれば、古本業界は古本屋さんも、お客さんも

          古本なのだから多少のシミやヤケがあって当たり前」という感覚がまだまだあるように思います

           

          ○目録で古本を注文する。

           

           さて、苦労して目録を入手して、読みこなして、いざ注文となっても数クリックで注文完了とはいきません。さすがに、メールで注文できるお店も増えてはきましたが、まだまだ、FAXかハガキで注文というお店が多いのです。お若い方はお家にファックスがないという方も多いことでしょう。そうするとハガキということになりますから、注文するだけで62円かかってしまいます。これは、古本屋さんにももう少し、工夫が要求されるでしょう。

          注文する際には、目録の通し番号、署名、値段そして注文者の住所氏名、電話番号を書き、送付を希望するか、来店するかを明記しておきましょう。注文には締切日がありますので、これも気をつけましょう。締切日が過ぎても、在庫さえあれば、注文に応じてもらえますので、お店に問合せてみましょう。

           

          ○目録で古本を入手する。

           

           大抵の通販の場合、注文まですれば、あとは、速くて翌日、遅くて3,4日後の到着を待つだけです。しかし、古書目録の世界はそんな甘いものではありません。古本ですから、在庫は1つです。人気のあるものには注文が殺到してしまいます。その場合、店主が当選者1名を抽選で決めます。注文しても入手できないということが稀ではありません。古本が大変なブームであった20年前は店主に当ててもらうためのアピールとして、欲しくもない本を何冊も注文して、そのお店に人情を働かせようとするお客さんもいたそうです。さあ、幸いにして当選したとして、古本屋さんが当選をお客さんに知らせてくれるかと思いきや、それもないのです。即売会の会期中に目録に書かれている番号に電話して合否を尋ねなければなりません。

           そうしてやっと、めでたく当選を知っても、会場に行く場合はそれなりの交通費をかけて購入しなればなりません。送付してもらう場合も振込に一手間かかります。ここまでの、手順を踏んでお客さんはやっと古書目録で希望の古本を入手することができます。本当にお疲れ様でございました。さあ、古書目録の沼に踏み込んでみますか?

           

           

          先週の中央線古書展に出した浩仁堂の目録です。御興味のある本がございましたら、在庫をお問い合わせください。

          メール info@kojindo.jp  電話 0422-55-1533

           

          古本即売会のご案内。浩仁堂参加分のみ掲載しています。

          国分寺大古書市

          4月20日(土)〜6月2日(日)

          午前10時〜午後9時

          ミーツ国分寺3F

           

          BOOK&A展

          5月30日(木)〜 6月2日(日)
          午前10時~午後7時

          日曜日は午後5時まで

           

          杉並区高円寺北2-19-9
          「西部古書会館」(高円寺)高円寺駅下車北口、徒歩3分
          「オリンピック」そば!にて開催されます。

           

          杉並書友会

          6月8日(土)〜 6月9日(日)
          午前10時~午後6時

          日曜日は午後5時まで

           

          杉並区高円寺北2-19-9
          「西部古書会館」(高円寺)高円寺駅下車北口、徒歩3分
          「オリンピック」そば!にて開催されます。

           

           

          ■□ □■■■■■□ □​■■■■■□ □■■■■■□  

           

          ●浩仁堂のオークションページです。ぜひご覧ください。

           

          学術書(専門書)・美術工芸書・語学CD本 語学教材
          の買い取りなら浩仁堂にお任せください。!!!!
          障害害者雇用を推進するNET古本屋「浩仁堂」(コウジンドウ)
          〒180-0022 東京都武蔵野市境1-17-6-106
          /fax0422-55-1533・メール:Info@kojindo.jp

          ホームページ http://www.kojindo.jp/

          | - | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          古本を買うべき7つの理由
          0

             

            JUGEMテーマ:ビジネス

             

            古本買取のお問合せ 

             

            0422-55-1533

            「ゴーゴー・イゴサンサン」

             

            1日1クリックおねがいします。 

             人気ブログランキング

             買取の様子も別のブログに書いています。

              買取ブログ

             

            ■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■

            master-kです。

            このブログもまた再開していきます。

            現在、master-kは東京古書組合の

            広報の仕事をしています。そこで、

            フリーペーパーを作成しています。

            バックナンバーがなくなると現在は

            記事を読む機会がなくなってしまい

            ますので、浩仁堂ブログに再掲します。

            私が書いた記事ですし、組合と

            権利関係もありませんので、

            広く皆さんにお読みいただきたく

            ここに、再掲します。

             

             

             

            古本を買うべき7つの理由

             

            1,安い

            中古品がどうしても嫌だという方以外はおなじコンテンツであれば、安いものがいいでしょう。くわえて現在、古本は史上最高(?)の最安時代です。アマゾンでも1円本が山程あります。もっともこれは300円ぐらいの送料がかかりますが、古本屋さんや即売会ではリアルに100円、200円の本もたくさんあります。特に文学系の全集が安いです。漱石や芥川のちょっと前の全集でしたら、2,3千円で入手できます。高いお金で買い揃えた方にはちょっと悲しいことではあります。

             

            2,痕跡を楽しめる。

            アマゾンの中古本利用者にはありえないことかもしれませんが、痕跡を楽しむために古本を買う人もいます。線引で前の持ち主が、どこに共感したかを知りたい方もいます。英文テキストなら、単語の訳が全て書き込まれている場合もあります。また、挟んである新聞記事や栞で、その作品が発行された時代の雰囲気を知ることもできます。

             

            3,絶版本・希少本が入手できる。

            欲しい本なのにもはや絶版である本は古本で入手するしかありません。また、中古市場にさえなかなか出回らない本もマメに古本をチェックしていれば出会えるかもしれません。もっとも、希少本や絶版本はプレミア価格になっている場合もありますので、そこはご容赦ください。

             

            4,週末の予定に困らない。

            東京であれば、神田・高円寺・五反田の各古書会館でほぼ毎週末古本即売会が開かれています。その他に、駅前のデパート・スーパーなどで、様々な古本市が開かれています。これで、週末の予定が埋まらないはずはありません。

             

            5,古本仲間ができる。

            毎週、即売会に出かけていると、毎回、自分と同じジャンルが好きらしい方と親しくなることがあります。そういう人と仲良くなって、「どこそこにこんな本が出ていた」 「こんなすごい本をこんな値段で手に入れた」などの情報交換もまた楽しいことでしょう。ひょっとすると同じ本に手を伸ばした男女の出会いもあるかもしれません。←それは、新本屋さんでもあるだろう!というツッコミは無しです。

             

            6、目録買いが楽しめる。

            古書目録とは要するに古本の紙カタログのことです。即売会ではグループ目録、そして、よい在庫を揃えているお店からはキチンとジャンル分けされた自慢の自家目録が

            出されます。特に、自家目録は文化的,資料的、そして、ビジュアル的に価値が高いものが多く、掲載されている本を買う買わないに関わらず、見るだけでとても楽しいものです。目録自体をコレクションにしている方もいるくらいです。

             

            7,財産に変わるかも

            自分の好きな本を集めた棚が、その人にとって大切な宝物であることは言うまでもありません。しかしこれが、ジャンルがキチンとしている事に加えて古本屋でもなかなか目にできない資料まで揃っているとなると、文化的価値が桁違いに高まります。それを、関連の博物館に寄贈する事は大変な社会貢献ですし、古本屋にまとめて売る場合でも購入した時より、高価に売れる場合もあるかも知れません。ただし、これは、時代状況、経済状況に大きく左右されることではありますので、期待通りにいかない場合はご容赦下さいね。

             

             

            □■■■■■□ □■■■■■□ □■■■■■□ □

            即売会(古本市)のご案内

             

            国分寺大古書市

            4月20日(土)〜6月2日(日)

            午前10時〜午後9時

            ミーツ国分寺3F

             

            杉並書友会

            5月11日(土)〜 5月12日(日)
            午前10時~午後6時

            日曜日は午後5時まで

            中央線古書展

            3月24日(土)〜 3月25日(日)
            午前10時~午後6時

            日曜日は午後5時まで

            杉並書友会と中央線古書展は

             杉並区高円寺北2-19-9
            「西部古書会館」(高円寺)高円寺駅下車北口、徒歩3分
            「オリンピック」そば!にて開催されます。

             

             

            ■□ □■■■■■□ □​■■■■■□ □■■■■■□  

             

            ●浩仁堂のオークションページです。ぜひご覧ください。

             

            学術書(専門書)・美術工芸書・語学CD本 語学教材
            の買い取りなら浩仁堂にお任せください。!!!!
            障害害者雇用を推進するNET古本屋「浩仁堂」(コウジンドウ)
            〒180-0022 東京都武蔵野市境1-17-6-106
            /fax0422-55-1533・メール:Info@kojindo.jp

            ホームページ http://www.kojindo.jp/

             

            | 広報 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |